title_image

元京都サラリーマンイラストレーター。 現東京は北千住、呑んだくれデザイナーサトウヒロシの日記

2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

エヴァンゲリヲンとか(若干ネタばれあるからね)



3連休のイベントとして、
エヴァ劇場版の鑑賞と、携帯の機種変更が最たるものであろうか。

エヴァはまあ、よくできてたね。
ヤシマ作戦の描写はTV版よりも俄然迫力あったし。
予告編が最後にくっついてたけど、
このシリーズはリメイクにするつもりは
最初からないのかなって思った。
次も楽しみだね。観に行こう。

先日3年くらい使用していたVodafoneの
唯一自慢できた機能であるデジカメが故障しため、
機種変を考えていた。

店員さんと話していると、
なんだかせっかくの機種変更をするのに、
次もSoftbankにするのがアホらしくなって、
キャリア変更を決断。

購入機種はCASIOのEXLIMが搭載しているW53CA
もともとCASIOのEXLIMシリーズのデジカメが好きだったから、
ほとんど迷わずに決定した。
試しに何枚かとってみたけど、
とりあえず家庭用のデジカメとしてはこれで十分事足りるような気がする。
最近の携帯デジカメは優秀だね。
もしこれでもう一台デジカメを買うなら一眼レフかな。

購入してから「あ、ワンセグついてないんだ」と気づくが、
この辺はどうでもよい。どうせ観ない。

『HUNTER×HUNTER』連載再開したみたいだね。うれしい限り。
未来の楽しみを保証してくれる作品の存在は、
本当に人生を潤してくれるものだ。

スポンサーサイト

デスクトップが復活



ここだけの話、
ここ東京は北千住サトウヒロシ邸にて、
デスクトップのMacが復活した。
Mac miniでございます。

5年間愛用したPowerMacG4とiBookG4が同時期に動かなくなり、
その後前職のアルバイト君から中古で購入した
なんかよくわからない古いWindowsノートPCを使用していた。

iTunesで落としたPVすら
処理落ちして見れたものではなく、
いいかげん我慢ができなくなったための購入だ。

なんでMac miniなんて買ったの?
と私を知る方々は口を揃えていう。

当然だ。私がイラスト、デザインを志してきたことを知っている方々ならば、
メインPCは最低限ハイスペックで拡張性の高いものを選択することを
知っているからだ。

でもね、目的は何?
ちょっと見つめ直してみようよ。
IT系で仕事してたら、
職種によっては一日中ハイスペックマシン使ってるでしょ?
週に5日とか6日とか。一日も長いしね。

これは今の私の思想なんだけど、
強制的に何かしらの環境をシャットダウンすることは、
それだけで新しい価値観を得られることもあると思っているのよ。

例えばウチには今テレビ無いしね。
好きな漫画も今は購入禁止中。
目的は情報のメディアを一本化することと、
自宅に無駄な要素を極力増やさないこと。

家にハイスペックPCをもたないということは、
PCの目的を絞り、
家と仕事の切り分けをするために判断したことだ。
「仕事を切る」ってなかなか難しいので、
せめて「家では無理」という環境を作ることで実現している。
得られるものはプライベート。

携帯もってない人はそれはそれで別の形で
コミュニケーションとったりするじゃない。
「必要ない」といってしまえばそれまでの話なのね。

     ※


それにしても今週は一週間が長いな…。






崖っぷちは快楽か否か



コミュニケーションレベルが足りない。
どのくらい足りていないかといえば、
英語の本が読めても会話ができないような状態である。

もう、半年も経つというのに、
こんなことでは社会人だけでなく、
人としても能力を疑われてしまいそうだ。
インフォメーションアーキテクチャーは難しい。

    ※

彼女氏がくれた福島の桃がうまい。
どうやら今が食べごろなのだろう。
桃ほどうまい果物を私は知らない。


こんにゃくの限界を見極める



ここのところご無沙汰だった日記だが、
原因は単純に私のメインMac、
サブMacがともに再起不能となり、
またWin環境で書く気がしなかっただけなので、
特に「書く時間がない」とか、
「心に余裕が無い」など大義名分となるような理由はない。

     ※


とりあえず、この日記を読んでいる方々へメッセージ。


京都の皆様----------------------------------------

元気にしてますか?
もしこの日記を読んでいたら11日~17日まで
帰省いたします。
都合が合えばぜひお会いしましょう。
連絡ください。

----------------------------------------

あと少し近況を。
少し前より、デザイナーからディレクターになった。
締め切りに縛られる方から、
縛る方へ移ったかと思いきや、
世の中そんなに甘くはないものだ。

締め切りを作る作業の締め切りに追われる毎日。
これが今のお仕事である。
締め切りを必要としている人たちが、
こんなにもいることに驚いた。


     ※



そういえばもう少しで
転職してから半年になる。

東京の生活に慣れたかどうかはわからない。
新宿や渋谷にはまだ数えるほどしかいったことがないし、
生活するうえでは、
北千住付近のお店でほとんど事足りてしまう。
彼女氏のおかげでかろうじて外出機会を得ているくらいだ。

人間的な変化はあっただろうか。
こちらは考えてみると、いろいろあったかもしれない。
特に変わったことと言えば、
完全に関東弁になってしまったことであろうか。
もともと地に足の着かない関西弁をしゃべっていた私だが、
いまや私が京都出身であることなど、
誰も気づかないくらいである。


     ※



本はけっこう読んでいるなぁ。
だいぶたまってきたので、
また少しずつ紹介していこうかね。




厄払いには必須の儀式



厄日といえば本日のことである。

先輩(埼玉在住)が停電による交通マヒに巻き込まれ、
夕方まで出社できなかったため、
一部代役を務めることになったことが、始まりだった。

ここのところ一緒に仕事をしていたとはいえ、
お客様や外部の企業とどのような折衝をしていたかなど、
わかるはずもない。

その上電話もなかなかつながらず、
上司もクレーム対応のため、
状況把握の連絡が私にくる。

「その情報は把握してません」
と答えるしかないんだけど、
それじゃお客様に説明がつかないというわけだ。
事実、私もお客様と話すことになり、
説明ができなくてホトホト困り果てた。

あっという間の一日。
夕方にはもうくたくただった。


夜は上司と中野の焼肉屋へ。
ドラゴンカルビというメニューが
辛くて濃厚で素敵にうまかった。
ご飯との相性が素晴らしい。


24時半帰宅。
ビールを飲んで就寝。


           ※


<日比谷線・往復の読書~通勤片道20分をより豊かに~>
『重力ピエロ』 伊坂幸太郎 著 新潮文庫

そこに10行あればこの人は読者を泣かせることができるのだろう。
今のところこの作品が一番好きかも。まだ読んでないのあるけど。




 | HOME |  »

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

サトウヒロシ

サトウヒロシ

1978.2.6生
京都在住の旧サラリーマンイラストレーターだったが、今は東京は足立区千住に住んでいるウェブデザイナー
▼公式ホームページ
アトリエみかん箱

▼略歴
・2000年 企画団体『アトリエみかん箱』を設立京都にてフリーランスのイラストレーターとして活動
・2004年 M&D Lab.医薬情報資料研究所に所属
・2005年 株式会社アロンジェに所属
・2006年末 しばらく自由
・2007年2月より東京の某IT企業に勤める

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。