title_image

元京都サラリーマンイラストレーター。 現東京は北千住、呑んだくれデザイナーサトウヒロシの日記

2005-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵日記は再開できるのか?



飽きもせず文字日記を続けているわけだが、
そのうち復活するので気長に待つよろし。


●話題1
先週末、ついにIPメッセンジャー(Mac版)の導入に成功し、
やっと社員の仲間入りをさせてもらった。
実にめでたい。

せっかくだから活用せねばと思い、
手がけていた特集記事のテキストデータを
コピペして同僚A氏に送り、確認を請う。

「これだから初心者は(ペッ!)」

とひとしきり罵倒され、
IPメッセンジャーの基本ルールは3行以内であることを教わる。

社員コミュニケーションのマナーは奥が深い。


●話題2
クライアントよりイラストのボツをくらう。
久しぶりに全面不採用。
長年やっていれば、こういうこともアル。
とはいえ、隠しきれないショック。

感情を表にだしてはいけない。
そうだ、こういうときにはコレだ!

と始めたのが「机のお掃除」
つまり「お掃除セラピー」だ。

資料をかたずけ、ぞうきんもって、
机上をふきふき、電話やスキャナの下も忘れずに。
終わる頃には机も心もピッカピカ!

心機一転2回戦へ突入できるわけだ。

制作業の方にはオススメ。
心のメンテナンスは大切ですな。



スポンサーサイト

サラリーマンサトウヒロシは元気です。



私サラリーマンサトウヒロシは、
就職して4週目を過ごしているわけだが、
なかなか楽しくスリリングな日々を送っている。

唯一のMacユーザーとして、
社内情報から隔離されたりしつつも、
持ち前の熱いハートで同僚とのコミュニケーションは
絶やすことはない。

つまり、人間熱いハートさえあればどこでも生きて行ける、
と言いたいわけだが。

そう、熱いハートが。





「熱い」で今思い出したのだが、
隣席に座るデザイナーのB氏は「曲線美フェチ」である。
先日私が会社案内用に描いたイラストがお気に召したらしく、
よくよく「熱いまなざし」で眺めている。

また、彼はその[曲線美]の魅力を語ることもあるのだが、
その口調が「ねっとり熱い」

「…この腰のラインがイイんですよねぇ…」
「…」

私の作品を気に入ってもらえた事は素直に嬉しい。
だがその「粘液性の高い熱さ」に対し、
たまに悪寒が走ることは
彼には内緒にしておこうと思う。





「…この腰のラインがイイんですよねぇ…」

お願いだから夢に出ませんように…(笑)


NO GREEN! at Allonge



とある案件でサイトのデザインをすることになり、
同僚K氏に
サイトのメインカラーとサブカラーの指定を依頼される。

しばらく考えた末、
16進数で書いた色指定のメモを元に
「メインを緑にして、サブをオレンジ・ピンクでどうですかね?」
と提案したが、
「…緑はちょっと」
とあからさまに嫌な顔をされる。
とりあえず、オレンジをメインにして再提出→OK。


別の案件で、
同僚B氏に図解イラストの相談をするが、
「とりあえずその線の緑が気になりますね」
と指摘される。
その場で黄色に修正すると、
満面の笑みを浮かべて納得のご様子。


A氏が先ほどの色指定の元に
サンプルレイアウトを完成したというので、
確認に向かう。
するとオレンジをメインに4色指定したはずが、
緑をはずした3色で見事に構成されている。
「緑は?」
と問うと、
「緑は今Allongeでは通りませんよ」
「…え、そうなんですか?」
「はい。ねぇ?Bさん?」

「緑はダメですね」
と机を挟んでB氏が答える。

理由を聞くと二人とも沈黙するので、
どうやらこのネタはタブーであるらしいことがわかる。


私も27歳、そして社会人。
触れてはいけない過去に対して
やみくもに触れるつもりはない。

とにかく空気を読むことが大切だ。

今は、
とにかく、

緑の無い世界を目指せば良い

ということだ。

サラリーマンサトウヒロシ!


050706.jpg


お久しぶり。

フリーランスサトウヒロシ改めサラリーマンサトウヒロシである。
既にアトリエみかん箱ホームページをご存知のことかと思うが、
この度サトウヒロシは、株式会社アロンジェという企業にお世話になることになった。

この絵日記も、もう少し早い復帰を予定していたのだが、
転職騒動、新しい職場、リニューアルを含め諸々の事情により
自分の為に絵を描く余裕がなかった。

この度この絵日記を復活できたことは私にとって
とても喜ばしいことなのは言うまでもない。

フリーランスからサラリーマンへ。
突如人生の転機を迎えた私は、
これが後に人間としてのバージョンアップに繋がったと言えるよう
精進していくつもりだ。
また私のしがないイラストレーター業務の継続を認めていただいた
我が社の懐の深さにも心より感謝する。


さて、今日のところは入社してから約2週間の近況報告を述べる。
フリーからリーマンへの転身はそれなりに大変だった。

6月20日、株式会社アロンジェ(以後アロンジェ)に入社。
自社ホームページリニューアルオープン日。初日から超クライマックス。
それなりに働いた。企業の仕事は本当にテンポが早いことを痛感。

翌日より、嘘のように仕事が無くなる。
新人に頼む仕事など急にでてくるわけもない。
アトリエみかん箱時代の仕事は継続することになっていたので、
みかん箱サイトのリニューアル作業をスタートすることに。

ここ数年間、散々メンテナンスを放置していたため、
作業を完了するまで1週間かかることになる。
同僚のB氏がCSSを駆使したスマートなサイトを構築している側で、
地味にHTMLコーディング。テーブルとかで頑張る。
「技術が遅れているんだろうな、私」と軽くヘコむ。

ギャラリーをコーディングしている時、
あまりのまどろっこしさに辟易したので横にいたB氏相談する。
「ドリウィ(Dreamweaver)ならテンプレートとライブラリを使えば楽にできますよ」
とアドバイスをいただく。
3年以上使ってるくせに、その機能を知らなかった自分にまたヘコむ。
本当に便利だった。
おかげでその後の作業量が半減した。

1週間も経つと生活もだいぶ慣れて来る。
サラリーマンになって最も良かった点は、
規則正しい生活と日常出費の軽減だ。
みるみる内に健康になる自分を自覚する。

入社して最初の日曜日、自転車を買いに町へ。
赤い自転車を購入。変速機能つき。
京都の町はコレが無いと辛い。
名前を付けなければ!と意気込む。

翌日おニューの自転車で出社。
同僚A氏が既に出社しており、軽く自転車自慢。
「色は赤ですか?じゃあ名前は『あずきちゃん』ですね」
とあっさり命名される。
まったくしっくりこなかったが、
せっかく貰った名前なので『あずきちゃん』で決定。
気にするな、いずれ慣れる。

引き続きリニューアル作業。
もう終盤。
長かったが充実感もそれなりに。
同時進行で自社の会社案内デザインも進める。
社内で私の仕事を理解してもらうのには良いチャンスと思い、
気合いたっぷりにスタート。
久しぶりのDTP。なかなか楽しかった。

この2週目後半よりポートフォリオの制作に入る。
アトリエみかん箱ホームページの
紙媒体バージョンといった感じだろうか。
社内のレーザープリンタで作れる範囲のレイアウトを考える。
発色はあまり期待できないので、
それを補う「ひとひねり」が必要だった。

2週目最終日の土曜日。
同僚A氏と軽く呑みにいく。
A氏とはもう長い付き合いになるが、
同僚となってから呑むのは初めてだ。

会社では敬語。プライベートではフランクに。
このスタンスはこれからも長い付き合いをするのに
とても大切な要素だろう。
照れくさい話だが、友人と改めて同僚になり、
お互いの距離感をつかむのには二人ともわりと悩んでいたようだ。

色々話した。
自分が果たして会社の役に立っているのか、
このままで良いのか、
これからどう動けばよいのか。
新生活に戸惑う私の悩みにA氏は真面目に意見をしてくれた。
この日、私の心は少し軽くなる。

2回目の日曜日は昼に起きてダラダラして夕方より活動開始。
本屋さんに向かい、久しぶりに漫画コーナーへ。
『20世紀少年』浦沢直樹著の新刊を購入。

これまで好きな時に好きな本を買っていたのでわからなかったが、
時間の無いサラリーマンにとって、
漫画を読む行為はそれだけで贅沢だ。
時間がこれほど貴重なものだったとは。

3週目に入り、ポートフォリオの制作も終盤に。
これが完成すればやっと営業活動をスタートできる。
転職期間中、ほとんど開店休業中だったので
これから再びお客さんを取り戻していかねばならない。

こうした準備期間にもお給料をいただけることは、
サラリーマンの特権と言えるだろう。
相談できる同僚がいるというのも企業の特権である。

恵まれた環境の中で、ポートフォリオは完成した。

「さぁ!明日から営業開始だ!」
と思いきや、なんと名刺が無い。
まったくオチをつけてくれるものだ。
急いで発注するが、数日後まで営業活動は延期することに。


さて、かなりの部分をはしょったが、
2週間半のサラリーマン生活は語るとそれなりに長くなるものだな。
復帰第1弾ということで、今回は笑い無しの自己満足日記。

次回からはせっかくの企業人生活、
サトウヒロシのサラリーマン悪戦苦闘の日々を描いていきたいと思う。
やっぱり笑いがなくちゃね。


 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

サトウヒロシ

サトウヒロシ

1978.2.6生
京都在住の旧サラリーマンイラストレーターだったが、今は東京は足立区千住に住んでいるウェブデザイナー
▼公式ホームページ
アトリエみかん箱

▼略歴
・2000年 企画団体『アトリエみかん箱』を設立京都にてフリーランスのイラストレーターとして活動
・2004年 M&D Lab.医薬情報資料研究所に所属
・2005年 株式会社アロンジェに所属
・2006年末 しばらく自由
・2007年2月より東京の某IT企業に勤める

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。