FC2ブログ

title_image

元京都サラリーマンイラストレーター。 現東京は北千住、呑んだくれデザイナーサトウヒロシの日記

2005-09

カンニング竹山 再び




20050511-1.jpg

この記事を覚えているだろうか?
それが今小さな波紋を起こしているようだ。



以下は同僚Aからのメールを転載したものである。

>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

お疲れ様です。

カンニング竹山につきまして、内容をお送りいたしますので、
よろしくお願いいたします。

----------以下、内容です

不思議な電話がかかってきたのは午後4時ごろ。

最初は受け付けの女性スタッフが出る。

しばらくすると、何か口を押さえながら、
「◎◎さん、どうしたらいいんですか…!」と
話し掛けてくる。

聞くと、
「カンニングの竹山さんに、サトウさんが似ているという話なんですけど…」
という要件のようだ。

電話に出てみる。笑わないように頭のチャンネルを切り替えた。

A:「もしもし、お電話変わりました。サトウの窓口をしておりますAですけど」

客:「○○社の○○と申しますけど、サトウさんが
カンニングの竹山さんに似ているということなんですけれども、本当なんですか?」

社会人生活で初めてこんな内容を受けた。
笑ってはいけない。少し真剣に考えてみる。

A:「ん~、どうですかねぇ~」

客:「ホームページを拝見したんですけど、ちょっとよくわからなくて…」

笑いをこらえる。この人は真剣に探しているのだ。

A:「ん~、そうですねぇ~
もう少し顔が丸くなればすごく似てると思うんですよねぇ~。
ですので、あと数年すればあるいは似てくるかと思うんですけ
ど~」

我ながらよく耐えたと思う。言い切るのに。
色々な人に対して、ビミョウに失礼な言い回しではあるけれど。

客:「あぁ、そうですかぁ。ちなみに身長はおいくつですか?」

A:「176cm前後ですねぇ」

客:「そうなんですか。竹山さんは168cmなんですよ。
ちょっと違いますね。」

この人、何でこんな事知ってるんだろう。
とりあえず素直に感心。

A:「あぁそうなんですかぁ。よくご存知で。。。」

客:「体格もちがうことなんで…また検討してご連絡いたしますねぇ~
すみません変な質問をしてしまって(苦笑)」

自覚はしてるんだ。たぶんしっかりした人なんだろう。

A:「わかりました。お待ちしております」

という内容。

社会人生活3年目で経験した不思議なTELの余韻は、
自宅に帰って寝る前まで続いたという。

思い出し笑い系だ。カンニング竹山そっくりイラストレーター。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>

20050511-1.jpg


ええと…未来の竹山さんコンニチワ?→私?
似てませんから!
ちゃんと検証したんだからぁ!!




スポンサーサイト



 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

サトウヒロシ

サトウヒロシ

1978.2.6生
京都在住の旧サラリーマンイラストレーターだったが、今は東京は足立区千住に住んでいるウェブデザイナー
▼公式ホームページ
アトリエみかん箱

▼略歴
・2000年 企画団体『アトリエみかん箱』を設立京都にてフリーランスのイラストレーターとして活動
・2004年 M&D Lab.医薬情報資料研究所に所属
・2005年 株式会社アロンジェに所属
・2006年末 しばらく自由
・2007年2月より東京の某IT企業に勤める