FC2ブログ

title_image

元京都サラリーマンイラストレーター。 現東京は北千住、呑んだくれデザイナーサトウヒロシの日記

2020-08

今更エヴァってのもオツなものですよ



なつかしいDVDをレンタル。
エヴァ劇場版2本。

付録で、シナリオが入っていて、
それが興味深かったかな。
TV版の本編で一度シンジがエヴァの中で溶けちゃって
なんかの液体になるシーンがあったと思うんだけど、
あれがちゃんと伏線になってたんだね。

あの液体がLCLとかいうやつで、
劇場版の最後でキャラクター達が
揃いも揃ってパチンパチンとはじけていくんだけど、
あれはみんながLCLになって肉体を失っていく、
っていう描写だったのが初めてわかった。

シナリオだとあの液体がナニモノかちゃんと
書いてあるんだよね。

つまりシンジの時と同じで、
全部のキャラクターはみんな意識だけの存在になっただけで、
つまり死んではイナイ、と。

「ふーん」

エヴァに詳しい人はとっくに知っていることだと
思うけど、私は初めて気づいたよ。
ちゃんと見てれば台詞でしっかりと説明もされてるんだけど、
画面のインパクトが強すぎて全然理解してなかったみたいだね。

あと、最後のシーン。あの「気持ち悪い」ってアスカに言われるやつ。
結局「他人とひとつ」になる道を拒んだシンジが受ける
「他人からの拒絶」を象徴したシーンってことなのかな。
場所もLCLの海の外だし、肉体のある世界という設定。
何故かアスカの左目の治療が施されてる(誰だ治療したの?)から、
現実の話ではないのね。
つまりシンジの意識の中の話。

「なるほどねぇ」

これまで気をてらって作った映画としか思ってなかったけど、
色々考えて作られてたのかな、と少し考えを改めてみた。

いまだに視聴者に対して説明不足なのは
表現として的確でなないと思うけどね。

でもやっぱ面白かったな。
そのうちにまた見てみよう。

スポンサーサイト



コメント

「西の善き魔女」「サムライ7」「フェイト・ステイナイト」は要注目です!

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://mikanbox.blog4.fc2.com/tb.php/72-e238e35f

 | HOME | 

MONTHLY

CATEGORIES

RECENT ENTRIES

RECENT COMMENTS

RECENT TRACKBACKS

APPENDIX

サトウヒロシ

サトウヒロシ

1978.2.6生
京都在住の旧サラリーマンイラストレーターだったが、今は東京は足立区千住に住んでいるウェブデザイナー
▼公式ホームページ
アトリエみかん箱

▼略歴
・2000年 企画団体『アトリエみかん箱』を設立京都にてフリーランスのイラストレーターとして活動
・2004年 M&D Lab.医薬情報資料研究所に所属
・2005年 株式会社アロンジェに所属
・2006年末 しばらく自由
・2007年2月より東京の某IT企業に勤める